Psycho-Logic

Psychology, Programming, and more...?

プログラミング経験について

本ブログでは私の個人的なプログラミング学習の記録を残していこうと考えています。
それが誰にとって何の役に立つのかは私にもわかりませんが、少なくとも私の復習の機会にはなります。
需要がなければそれはそれとして、誰も困らないだろうということです。
そこで、一応私のプログラミング経験についての情報を載せておきます。

 

プログラミングで何かを制作した経験

Nix
 
ありません。
 

少しでも触れたことのある言語

・HTML(高校の授業で)
・BASIC(水星軌道のシミュレーションの写経を1回,動作せず)
JAVA(moocの講座を途中まで,オブジェクト指向ってなんだよ状態)
・R(大学で心理統計に使用,みんなダイスキt.test)
 
All forgot
 
というのは少し大げさで、Rは使用するので少しだけ覚えています(少しだけ)。
しかし、他のものについてはなに1つ覚えていません。
 
つまり、ほぼプログラミング初学者です。
授業や講座の範囲外で何かを制作した経験もなく、またアルゴリズムについての知識もありません。
タブラ・ラサとまではいきませんが、coffee stainが少しある白紙状態です。
 
それで、主に「どんな言語」を「どのような目的」で学習していくのか。
 

興味のある言語

Python 3
・R
Lua
・Processing
上2つは機械学習自然言語処理のため。
下2つはゲームづくりとかお絵かきとか、趣味のため。
 
しばらくはPython 3をメインに行なっていきます。
主な学習方法は書籍とpaizaのスキルチェックを用いて行う予定です。
(現時点でpaizaラーニングの「Python 3入門編」を終えています)
それで、息抜きにLuaで遊んでいこうと考えています。
 
心がけとしては「息切れをしないこと」を目標に、ゆるーく勉強していくつもりです。
「私も最近勉強始めたよ!」という方がいましたら、ぜひお友達になりましょう。